予約

1LDKー洋風タイプ

渋谷洋風1LDK 401室 401

1LDK、2LDK定員5名(2才以下計算外)
合計日数
¥ x
¥

清掃費用
¥
手数料
¥

小計
¥

保証金
¥
チェックアウト後、部屋状態の確認させていただきます。付帯設備の破損、故障等特に問題がなければ、保証金はチェックアウト後7〜10日以内に全額返金致します。

合計費用

渋谷洋風1LDK 401室

定員 5 人

注意事項:

  1. このプランの価格は、選択した期間の宿泊施設にのみ適用されます。
  2. チェックイン日より遡って15日以前のキャンセルは、賃料の半額を返金します、14日以内のキャンセルは返金致しません。
  3. 解約予定日の20日までに解約の申し出をしなかったときは、解約予告不足の日数分賃料相当額は返金されません。
  4. マンスリーをご契約する場合合理的な範囲内で使用されるすべての水、電気、ガスの料金が含まれています。但し上限(1Kは¥15,000、1LDKは¥18,000、 2LDKは ¥21,000まで)を超える場合は別途お支払いいただきます。予めご了承ください。
  5. 物件内の付帯設備や備品が破損または紛失した場合は、修理/交換費用(関連する人件費および輸送費を含む)をお支払いいただきます。
  6. 入居者はマンスリー賃貸借契約書に署名し、そしてパスポート又は身分証明書の写しを提供する必要があります。
免責事項

WACLASS 免責事項

この予約規程は、弊社を通じて宿泊施設やその他のサービスを予約するお客様に適用されます。

1.オンライン予約について

宿泊施設および関連サービスをオンラインで予約する場合は、この部屋または関連サービスの予約を保証するために、事前に支払い情報を入力してください。リクエストが成立できない、またはキャンセルの場合、弊社はキャンセルポリシーに従って全部または一部払い戻しを行います。また、手数料が発生する場合もございます。手数料が発生する際には事前にお客様にお知らせいたします。

2.予約内容と料金について

予約の合計料金明細(宿泊料金、清掃料金、サービス料金、手数料などを含む)とお支払い方法は予約時に記載されています説明に従います。その他は、ウェブサイトの表示と説明に従います。

3.予約の変更とキャンセル

弊社は、適切なキャンセルポリシーを設定しています。目的は、当事者双方の権利を保護することです。予約する前に、キャンセルポリシーをお読みいただき、ご同意いただけましたら「同意する」を押してください。弊社が設定していますキャンセルポリシーに従って、予約を変更またはキャンセルすることが可能です。
予約変更またはキャンセルしたい場合は、弊社のウェブサイトの「メンバーセンター」にある予約管理のページで変更またはキャンセルすることができます。弊社は、設定していますキャンセルポリシーに従って、支払った料金の一部または全部を返金します。但し、規定の期間を超えた場合、返金されない場合もございます。
予約期間、滞在日数、部屋のタイプ、部屋数などの変更をリクエストする場合は、弊社が空室確認し、リクエストを承認してから変更が成立します。変更後に合計予約料金が減少した場合、弊社は返金規則に従って返金いたします。決済されたクレジットカードに返金されます。また、変更後に合計予約料金が増加した場合は、新しい請求リクエストをお送りいたします。追加のお支払い完了をもって変更手続き完了となります。
ご変更希望の場合は、最低チェックイン日の3日前までに手続してください、ご予約変更は1回のみ可能です。(チェックイン日の判断基準は宿泊地に準じます)。

ご留意ください!

1.キャンセル/予約変更により返金が発生する場合

返金処理手数料をお支払いいただきます。
返金処理手数料は、総費用(割引控除後)の3%(事務手数料、返金手数料、為替手数料等を含む)となります。

2.手数料/費用の受領

クレジットカードでお支払いの場合、ご不明な点がございましたら、クレジットカード発行会社にお問い合わせください。弊社は、規則に従って、チェックイン日の1〜5日前に、チェックインに関する情報と入居手順を電子メール形式でお送りいたします。

3.遵守すべき権利と義務

18歳未満の方は、一人で滞在することはできません。事実が分かった場合、弊社はチェックインを拒否する権利がございます。お支払いいただきました金額は返金しません。予約の際に20歳以上であり(または所属する国または地域の法律に従って法定年齢に達している)、行動するための十分な能力を備えている事を確認してください。
お客様の原因ではない部屋の損害、備品・家電が故障した時や交換・修理が必要な場合は、すぐ弊社に連絡してください。ご滞在に影響がある場合は、部屋の変更を依頼することができます。ただし、故意または不注意による損害の場合、損害賠償を請求いたします。

以下は、中長期入居のお客様の義務に適用されます:

1.部屋にある家具と備品を保管する義務:
お客様には、部屋にある家具・備品を適切に使用し、保管する義務があります。この管理義務に違反した場合、家具や備品に損害を与えた場合、損害賠償責任を負う必要がございます。
なお、火災による家屋の損傷の場合、日本の法律では、火事が入居者の故意または重大な過失によって引き起こされない限り、入居者は火事の損害責任を負う必要がないと規定しています。
2.危険を通知する義務:
滞在中、部屋にある家具や備品を修理する必要がある場合は、弊社が修繕の責任を負います。また、家具や備品の損害を防ぐために必要な場合は、お客様は直ちに弊社に通知する義務がございます。お客様の通知の遅れによって弊社が救済サービスを提供できない場合、お客様にて生じた損害を補償する必要が生じる場合もございます。
3.返却義務:
入居期間終了後、入居者は入居時の元の状態で入居物件を返却するものとします。元の状態とは、使用後における通常の状態を指します。

契約を結ぶ

マンスリー賃貸借契約書

本契約書はオンライン予約確認書と併用するものとします。オンライン予約確認書には物件の表示、賃貸条件、支払状況、契約期間が記載され、本契約書の一部になり、本契約書と同等の法的効力を持つものとします。

賃貸人 WACLASS株式会社(以下「甲」という)と、賃借人 予約確認書に記載された予約人或いは本物件の滞在人(以下「乙」という)は、次の条件により、マンスリー賃貸借契約を締結することとします。

第1条(使用目的)

1 甲は、オンライン予約確認書の表記の物件(以下、「本物件」という。)を住居の一時使用の目的で乙に賃貸し、乙は、この物件に住民登録等はしないこととします。

第2条(賃料等)

1 月額の賃料は頭書の通りとし、本契約成立時に一括或いは分割して甲に支払ものとします。振込手数料は乙の負担とします。
2 甲は振込或いはクレジットカード決済で受領した賃料等の領収証は発行しないこととします。
3 日割計算は、頭書の金額とし、1ヶ月を30日として計算します。

第3条(清掃料等)

乙は本契約締結と同時に清掃料等として、頭書の金額を支払うものとします。この金額は、乙の退去時の室内清掃料等に充当し、返金されません

第4条(契約期間・延長)

1 契約期間は、頭書の通りとします。
2 契約期間を乙が延長したい場合は、乙は契約期間満了の14日前までに、甲に告知することとし、甲が同意した場合に限り延長することができます。

第5条(解約)

1 解約日は、鍵の返却日をその当日とし、乙は甲に対して期間満了日の変更がある場合、14日前までに甲と部屋の空き状況を確定することとします。
2 鍵の返却は、当日の11時までに、甲に返却することとします。
3 解約日が確定した場合は、次のお客様の予約を優先致します。
4 解約日が確定しない場合もしくは期間満了日の14日前までに乙が甲に連絡をしない場合は、契約書通りの日時で解約とし、次のお客様の予約を優先します。

第6条(違約金等)

1 入居日より遡って14日以内のキャンセルは、キャンセル料として賃料の全額を申し受けます。入居日より遡って15日以前のキャンセルは、キャンセル料として賃料の50%を申し受けます。但し、予約完了後48時間以内のキャンセルは無料とします。

第7条(設置備品)

1 設置備品は、備品リストに記載の備品とします。
2 設置備品は、マンスリー室に設置してある現状の備品とさせていただき、入居期間中、消耗品類の追加補充は致しません。
3 衛生品(歯ブラシ、ひげ剃り等)は、旅館業法違反になる為、設置しておりません。
4 標準設備備品は退去時、持ち帰ることはできません。

第8条(保証金)

1 保証金の額は、契約要項記載のとおりとし、乙は、契約締結と同時に、甲に預託するものとします。
2 保証金には、利息は付きません。
3 契約の期間中は、乙は、敷金をもって賃料その他の甲に対する一切の債務との相殺を主張することができません。
4 乙に賃料その他本契約に基づく債務の不履行又は甲に対する損害賠償債務があるときは、甲は、保証金をこれに充当することができます。
5 前項の規定により甲が敷金を乙の債務に充当したときは、乙は、遅滞なく保証金の不足額を補填しなければなりません。
6 本契約が終了したときは、乙が本契約に基づく原状回復義務を履行し本物件の明渡しを完了した後、乙の甲に対する本契約に基づく債務その他の一切の債務に充当した後の敷金の残額を、甲は乙に返還するものとします。
7 乙は、保証金に関する債権を第三者に譲渡し、又は債務の担保に供してはなりません。

第9条(退去時の精算

1 本契約が終了したときは、乙は本物件を原状に回復して無条件で直ちに甲に明渡をしなければなりません。
2 乙の故意過失により、設備備品、室内の造作、設備を毀損汚損した場合は、乙は実費全額を負担することとします。
3 甲は、頭書の保証金をもって、その債務の全部又は一部の弁済に充てることができるものとします。
4 乙は、退去時に、いかなる名目でも甲に対し金銭その他の請求をしないものとします。
5 本契約終了と同時に乙が本物件の明渡をしないときは、乙は以後明渡済に至るまで表記で定める賃料相当額の倍額の使用損害金を諸料金相当額と合わせて甲に支払うものとします。

第10条(禁止事項)

乙は甲の書面による予めの承諾がなければ下記の行為をしてはなりません。
⑴ 本物件若しくは造作の修繕若しくは模様替又は造作の新設など原状を変更する行為をすること。
⑵ 賃借権の全部又は一部を賃借人以外の者に譲渡若しくは移転し又は担保に供すること。
⑶ 本物件の全部又は一部を賃借人以外の者に転貸すること。
⑷ 本物件内に乙の家族、使用人以外の者を同居若しくは居住させ又は乙以外の者の名義を賃借人の名義と共同で若しくは共同でなく単独で表示すること。

第11条(反社会的勢力ではないことの確約)

甲及び乙は、それぞれ相手方に対し、次の各号に定める事項を確約します。
1 自らが、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第二号に規定する暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。
2. 甲又は乙が法人の場合、自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう)が反社会的勢力ではないこと。
3. 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものではないこと。
4. 自ら又は第三者を利用して、次の行為をしないこと。
ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
イ 偽計または威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為。

第12条(契約の解除)

乙(その家族、使用人などを含む。)が下記の各号の1に該当するときは、甲は乙に対しなんらの通知催告なくして直ちに本契約を解除することができるものとします。この場合、甲が損害を蒙ったときは乙に対しその損害の賠償を請求することができるものとします。 ⑴ 賃料又は清掃料金等の諸料金の支払を延滞したとき。 
⑵ 甲の定める管理規則又はインフォメーションなどを遵守せず他の賃借人などに危険、迷惑などを及ぼす行為をしたとき。
⑶ その他本契約の各条項に違反したとき。

第13条(準拠法・管轄裁判所)

本契約は日本法に準拠し、解釈されるものとし、この契約に基づき、万一訴訟等が生じたときは、この物件の所在地の裁判所を第一審の裁判所とすることについて、甲、乙は合意するものとします。

第14条(その他)

乙は以下の事項を遵守するものとします。
1. 冬期時は、給湯器凍結防止の為、ブレーカーを下げないこと。ブレーカーを下げて凍結した場合は、乙の全額負担となります。
2. 各部屋に設置している「管理規則・インフォメーション」の諸注意を遵守すること。


本契約書は乙が下記の「同意する」ボダンをクリックしたことにより、契約の内容に同意して、本契約書が締結されたこととみなします。

<賃貸人(甲)>
住所 東京都中央区新川2-2-1 いづみハイツ茅場町707号室
氏名 WACLASS株式会社

お問合せ窓口

社  名: WACLASS株式会社
郵便番号: 〒104-0033
住  所: 東京都中央区新川2-2-1 いづみハイツ茅場町707号室
電話番号: 03 6278 8636
FAX 番号: 03 6278 8635

Agreement on Monthly Lease

This agreement will be used in conjunction with the online booking confirmation. On-line booking confirmation will state the description of real estate property, rental amount, terms and conditions on use of rented room, payment status, contract period. On line booking confirmation will become a part of this agreement and will have the same legal effect as this agreement.

Lessor WACLASS, Co., Ltd. (hereinafter, referred to as the “First Party”) and Lessee Reservation person stated on the booking confirmation letter or the person staying at this property (hereinafter, referred to as the “Second Party”) enter into the Agreement on Monthly Lease, which is intended for use during the agreed period of time, in consideration of the following conditions:

Article 1. (Intended Use)

1. The First Party shall rent the online booking confirmation letter mentioned rental property (hereinafter referred to as “Real Estate Property”) to the Second Party and the Second Party shall use the Real Estate Property for the purpose of use of the room for a period of time stipulated herein, and the said Second Party shall not use this Real Estate Property for resident registration and other purposes.

Article 2. (Rent and Other Fees)

1. A monthly rent shall be as specified herein and be paid to the First Party at one time when the Agreement has been entered into, or be paid on two-phase installments. Note that it is the Second Party that bears the bank transfer fees.
2. The First Party shall not issue a receipt for the rent and other fees received by bank transfer or credit card.
3. Prorated amounts are calculated as stipulated herein, and calculation is made based on the set condition that a month has 30 days.

Article 3. (Cleaning Fees)

The Second Party shall pay the amount stipulated herein, for cleaning and other fees, at the time when the Agreement has been entered into. This amount shall be used for, including but not limited to, cleaning fees at the time when the Second Party leaves the room, and not be redeemed.

Article 4. (Term of Agreement and its Extension)

1. The term of Agreement shall be as stipulated herein.
2. In the event the Second party wishes to extend the term of Agreement, said Second Party shall notify the First Party no later than 14 days prior to the expiration of the term, and only when the First Party has agreed to the extension may the term extended.

Article 5. (Termination)

1. The date of termination shall be the date when the key to the room has been returned. The Second Party shall confirm and notify the First Party of said date, 14 days prior to the expiration of the term.
2. The key shall be returned by the Second Party to the First Party before 11:00 in the morning on the day of return.
3. When the date of termination has been confirmed, the Second Party may not extend the term of Agreement, and the reservation by the next customer shall supersede.
4. In the event the date of termination has not been confirmed, or the Second Party has not notified the First Party of it 14 days prior to the expiration of the term, the Agreement shall be terminated on the date and time as stipulated in the Agreement, and the reservation by the next customer shall supersede.

Article 6. (Penalties)

1. In the event the Agreement has been cancelled less than 14 days prior to the tenants date, will be charged the full amount of rent as a cancellation fee. Cancellation prior to 15 days prior to tenants date will be charged 50% of rent as cancellation fee. However, the cancellation within 48 hours after booking will be free of charge.

Article 7. (Installations and Supplies)

1. Installations and supplies already set in the room are as shown in the installation list.
2. Installations and supplies are all already set in the room for few days use only, and any consumables shall not be added and/or supplemented during the use of the room.
3. Hygienic goods (tooth brush, shaver, and so on) are not set because the placement of such goods is a breach against the Hotel Business Law.
4. Standard installations and supplies may not be taken out of the room at the time of leaving the room at the time of termination.

Article 8. (Security Deposit)

1. The amount of the security deposit shall be as stipulated in the Agreement Requirements, and the Second Party shall pay this security deposit to the First Party at the same time when the Second Party has entered the room.
2. The security deposit shall not bear any interest.
3. The Second Party, during the term of Agreement, may not insist on the use of deposit for any compensation for the rent and other fees to the First Party.
4. In the event the Second Party fails to any pay debts, such as the rent and other fees, or is liable for damages to the First Party, according to the articles of this Agreement, the First Party may use the security deposit to compensate for the insufficiency.
5. In the event the First Party has used the security deposit to compensate for the debts by the Second Party to the First Party, as described in the preceding article, the Second Party shall pay the insufficient amount to the First Party without delay.
6. At the time when this Agreement is terminated, the Second Party shall implement restoration of the room as obliged in the Agreement, and shall hand over the Real Estate Property to the First Party. After this hand-over has been completed, the First Party shall return to the Second Party the balance of the security deposit after all the debts that arose, and the fees the Second Party owed to the First Party, according to the Agreement, have been subtracted at the time of termination.
7. The Second party may not transfer debts to the security deposit to other parties, and it may not be used for collateral guaranty to the debts.

Article 9. (Settlement at the time of Leaving the Room)

1. When the Agreement has terminated, the Second Party shall restore the room to the original state when the Party first started using it, and shall hand it over to the First Party without any particular conditions.
2. In the event any of the installations or supplies in the room were damaged or contaminated due to the Second Party’s neglect and/or intentional use, the Second Party shall pay the actual fees needed to restore such damages.
3. The First Party may use the aforementioned security deposit to compensate for all or part of the debts by the Second Party.
4. The Second Party shall not, at the time of leaving the room, claim any money or others from the First Party, whatever title or subject it may be.
5. In the event the Second Party has not handed over the room to the First Party at the time when the Agreement has been terminated, the Second Party shall continue to pay to the First Party an amount two times as much as the agreed rent amount along with other necessary cost and fees until the time when the Second Party hands it over to the First Party.

Article 10. (Prohibitions)

The Second Party must not do any of the following acts, without prior written approval by the First Party.
⑴ Any acts that change the original state of the Real Estate Property or make any intentional modifications, wall/interior pattern changes, or addition of new installations.
⑵ Assigning/transferring the use or rental right, in whole or in part, to a person other than the lessee for collateral purposes.
⑶ Renting the room in the Real Estate Property, in whole or in part, to a person other than the Lessee.
⑷ Allowing any person other than the Second Party’s family member/members and employee/employees to live in or share the Real Estate Property, or to display any person’s name other than the Second Party’s along or together with that of the Second Party’s.

Article 11. (Confirm that Parties are not any Anti-social Forces)

The First Party and the Second Party shall confirm the following items to each other.
1. Any of the Parties belong to any organized group of gangsters, companies affiliated to those organized groups of gangsters, corporate racketeers, or equivalents (generally referred to as “anti-social forces”), pursuant to Article 2-2 in the Law Regarding the Prevention of Unruly Acts by any Gangsters (1991 Law No. 77).
2. In the event the First Party or the Second Party is a corporate entity, none of their directors (employees who perform business tasks, executive directors, officers or any equivalents) belong to any such anti-social forces.
3. Any of the Parties allows any anti-social forces to use their name and/or names, to enter into this Agreement.
4. Any of the Parties or a third party that any of them may use does not take the following acts.
a. Any intimidating act to counterparts or other acts by means of violence.
b. Any deceptive plans or influences to keep any business from being implemented properly or any acts that can damage credit.

Article 12. (Cancellation of Agreement)

When the Second Party (its family members and employees are included) acts in a way that corresponds to any of the following items, the First Party may cancel this Agreement immediately without any notice or warning. In this case, the First Party may claim compensation for damages, if any, to the Second Party.
⑴ The Second Party delays the payment of the rent or other fees including cleaning fees.
⑵ The Second Party causes any risk or harm to other Lessee residents in the Real Estate Property without following administration rules or information provided by the First Party.
⑶ The Second Party violates any of articles of the Agreement.

Article 13. (Governing Law and Jurisdictional Court)

The First Party and the Second Party both agree that the Agreement complies with and is construed according to the Japanese laws, and if a court action should arise based on this Agreement, the Court in the area where this Real Estate Property exists shall be the court for the first trial.

Article 14. (Miscellaneous)

The Second Party need to observance the following matter:
1. Do not turn off the circuit breaker during winter season, in order to avoid frozen water in the boiler. Please note that if the water in the boiler freezes because the Second Party turned off the circuit breaker, the costs and fees needed to repair it is to be paid by the Second Party’s.
2. Follow rules described in the “Administration Rules and Information” affixed in the room.


This contract will be signed and agreed to the effect of this contract after Party B clicks the "Agree" button below.

The contract signing date shall be the reservation completion date.

<Lessor (First Party)>
Address: #707 izumihaitsukayabacho 2-2-1 Shinkawa,Chuo-ku, Tokyo-to Japan
Name: WACLASS, Co. Ltd.

Contact Information

Company Name: WACLASS, Co, Ltd.
Post Code: 104-0033
Address: #707 izumihaitsukayabacho 2-2-1 Shinkawa,Chuo-ku, Tokyo-to Japan
Phone: 03 6278 8636
FAX: 03 6278 8635

お支払い

1LDKー洋風タイプ

渋谷洋風1LDK 401室 401



今回宿泊料金の合計金額は:合計 泊,清掃費、手数料と他の費用

10分以内にお支払い手続きを完了してください。支払い手続きが完了していない場合は、部屋の予約手続きを最初からやり直してください。

プリント

予約

この度ご予約いただき誠にありがとうございます。 渋谷洋風1LDK 401室 401

ご予約の内容は以下の通りです。良い旅を!

渋谷洋風1LDK 401室

定員 5 人
チェックイン/チェックアウト日
/
入居人数
チェックイン/チェックアウト予定時刻
チェックイン日 / チェックアウト日
特別リクエスト

合計費用
合計 泊,清掃費、手数料と他の費用

これは予約完了ではございません。営業時間内にスタッフが予約リクエストを確認し、承認した後に予約完了のお知らせを送信いたします。予約が成立できない場合は、全額返金します。予めご留意いただけますようお願い申し上げます。